モリモリ芸能最速報

旬な芸能ゴシップニュースを中心に他、グルメ、おでかけ情報、悩み系情報などをどこよりも早くお届けします。

    音楽



    (出典 hotakasugi-jp.com)


    まとめ

    1 名無し募集中。。。 :2018/05/15(火) 08:58:25.56 0.net

    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1121698.html
    今の人気楽曲が分かる「YouTubeチャート」日本版開始。“純粋な視聴数”を集計

    世界で18億人以上の月間ユーザーを持つYouTubeが配信する、アーティスト、楽曲、ミュージックビデオを集計したチャート。
    国内国外で人気の曲や動画を見つけたり、YouTubeの最新トレンドのチェックなどができる。
    「YouTubeチャートは純粋な視聴数に基づいており、YouTube上でアーティストが達成した成果を示すもの」としている。

     5月4日~5月10日週の「楽曲ランキング」、「アーティストランキング」、
     「ミュージックビデオランキング」のトップは、いずれも米津玄師。

    「トレンド チャート」は、視聴者が今楽しんでいる注目の新曲をリアルタイムに提供。
    YouTubeで最も多く視聴された新曲を初めて外部に公開し、毎日複数回更新。視聴者による反応を即座に把握できる。

    「急上昇」をクリックするとトップ20までの急上昇動画をチェック可能。
    画面右上のリストのアイコンをクリックすると再生リストが表示される。

    「楽曲ランキング」は、YouTubeで再生された同じ楽曲の様々なバージョンの合計再生回数を集計してトップ100まで生成。
    例えばMarshmelloの楽曲「FRIENDS」の場合、フルバージョンの公式ミュージックビデオ、
    許諾された楽曲が使用されているユーザー動画、歌詞動画などの公式コンテンツの再生回数が集計されている。

    楽曲ランキングには、YouTubeにおける視聴者の傾向や、アーティストがYouTubeで音楽を共有する様々な方法が反映されている。
    楽曲ランキングの更新は、日本時間の毎週月曜日。

    「アーティストランキング」は、アーティストによる音楽関連動画全体の合計再生回数に基づいてトップ100まで生成。
    J Balvinの場合、フルバージョンの公式ミュージックビデオ、
    許諾された楽曲が使用されているユーザー動画、公式ライブパフォーマンス、リミックス、
    歌詞動画、アルバムトラック、コラボレーションなどの再生回数が反映されている。毎週月曜日に更新される。

    「ミュージックビデオランキング」は、
    YouTubeで最も多く視聴されたフルバージョンの公式ミュージックビデオの再生回数をトップ100まで表示。
    更新は毎週月曜日。


    【【朗報】Youtubeに新たな機能「音楽チャート」が登場、純粋な視聴数、地域別、アーティスト別、楽曲別、MVランキング【対立煽り】】の続きを読む


    まとめ

    1 朝一から閉店までφ ★ :2017/12/04(月) 21:06:05.26

    2017年12月04日アイドル
    (写真)
    「第67回NHK紅白歌合戦」では視聴者投票で“紅白選抜”メンバーを決めた「AKB48」


     大みそかに放送される「第68回NHK紅白歌合戦」で、「AKB48」グループのパフォーマンス曲を決める視聴者投票企画が行われることが4日、明らかになった。
    選ばれた3曲は紅白の生放送中に発表され、“AKB48紅白スペシャルメドレー”として披露される。


     候補曲は、これまで発表されたメジャー・シングル50枚の表題曲に、NHKにゆかりの深い「ほねほねワルツ」「履物と傘の物語」
    「365日の紙飛行機」の3曲を加えた計53曲。投票は紅白歌合戦の公式サイトで4日午後6時から30日正午まで受け付けている。

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    https://mantan-web.jp/amp/article/20171204dog00m200027000c.html


    【AKB48:紅白歌合戦のパフォーマンス曲を視聴者投票で決定 】の続きを読む



    (出典 www.daytradenet.com)


    まとめ

    1 アルカリ性寝屋川市民 ★ :2017/12/06(水) 07:37:10.18

    いよいよ師走に入り、ラジオやテレビ、そして街なかやショッピング・センターでは「ジングルベル」や「サンタが街にやってくる」をはじめ、松任谷由実や山下達郎のあの曲、そして英のデュオ、ワム!の「ラスト・クリスマス」(1986年)といったさまざまなクリスマスの定番曲を耳にする機会が増える。お店の方もクリスマス商戦に突入。文字通り、これから街はクリスマス一色だ。

     ところが、クリスマスに向けて気分を盛り上げるはずのこうしたクリスマスソングを過剰に聞くと、気分をうきうきさせるどころか、メンタル*(心の健康)に悪影響を及ぼす可能性があるといった専門家たちの警告が欧米で注目を集めている。

     11月6日付英紙インディペンデントや翌7日付の英紙デーリー・メール(いずれも電子版)などによると、女性臨床心理学者のリンダ・ブレア氏は英スカイニュースにこう警告した。

     「(買い物客の立場である)われわれは(クリスマスソングを聞くことによって)罠(わな)にはまったと感じるかもしれない-それは、われわれに、(クリスマスの)プレゼントを買い、人々を食事でもてなし、お祝いの会を催さねばならないことを思い出させることになります」

     つまり、クリスマスソングが買い物客の立場の人々に対し、さまざまな精神的圧力を与えるというわけだ。

    長いので続きはソースで
    産経WEST 2017.12.5 16:15
    http://www.sankei.com/west/news/171205/wst1712050063-n1.html


    【ユーミン、達郎、ワム!…クリスマスソング「心に悪影響」と欧米で警告 】の続きを読む

    このページのトップヘ