モリモリ芸能最速報

旬な芸能ゴシップニュースを中心に他、グルメ、おでかけ情報、悩み系情報などをどこよりも早くお届けします。

    おでかけ



    (出典 c1.staticflickr.com)


    まとめ

    1 天麩羅油 ★ :2017/11/27(月) 19:27:57.31

    100均で買うと、むしろ高くつく物は何か

    松崎のり子:消費経済ジャーナリスト 


    100円ショップと聞くと、100円=安いというイメージが強いため、一品一品の価格を吟味しないで買ってしまいがち。商品によってはライバル業界よりも高くつくことも!(写真はイメージです)
    節約の味方のはずが…
    100円ショップで買うと高くつくものも!

    「フレーミング効果」という言葉をご存じだろうか。表現の仕方を変えることにより、同じものでも異なる印象を与えられてしまうのがそれだ。

     例えば、このダイエットマシンを使って、「約6割の人がダイエットに成功した」と言えばプラスの印象になるが、「4割の人は体重に変化がありませんでした」と聞くとどうだろうか。実際にはどちらも正しいのだが、真逆の印象を受ける。

     また、「コストは1日たったコーヒー1杯分」といった表現もよく耳にする。1杯300円だとしても、ひと月にすると9000円、1年だと10万8000円だ。これは大きな金額をあえて小さな金額に割り算し直すことで安く見せる手法である。1年で10万円かかると言われれば消費者からそっぽを向かれかねないが、金額の表現をあえて変えることで購入のハードルを下げようというわけだ。

     100円均一ショップ(以下、100円ショップ)も、このフレーミング効果の一種だろう。100円=安いというイメージが強いため、私たちは「ここにある商品全部が100円で買えるのか!これらはよそで買うより安いに違いない!」と印象付けられてしまい、一品一品の価格を吟味することはない。

     でも、果

    以下ソース
    http://diamond.jp/articles/-/150812


    【【速報】100均で買うと、むしろ高くつく物 】の続きを読む



    1 海江田三郎 ★ :2016/11/28(月) 11:20:32.23 ID:CAP_USER.net

    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-11-27/OHBIAP6JIJUP01

    米国のホリデー商戦のスタートとなるブラックフライデーの週末セールで消費者は2015年よりも支出を減らしたことが分かった。
    大幅値引きなしでは財布のひもをまだ緩めない慎重姿勢が浮き彫りになった。
      全米小売業協会(NRF)の27日の発表によると、24日から4日間の週末の買い物客1人当たり
    平均支出額は289.19ドル(約3万2700円)。プロスパー・インサイツ・アンド・アナリティクスの実施した調査を引用したもので、昨年は299.60ドルだった。
      この週末は値下げとオンラインショッピングへのシフトが目立った。実店舗での買い物が40%にとどまった
    一方、オンラインショッピングは44%に上った。
      買い物客の多くのお目当ては実店舗でもオンライン店舗でもお買い得品だった。

      NRFのマシュー・シェイ会長は発表資料で、
    「セール品しか買わなかったと話した消費者は全体の3分の1余りだった」と指摘した。この割合は昨年の3倍強だという。

     ブラックフライデーの週末の買い物客数合計は2%増加し1億5400万人に達したが、
    多額の支出に後ろ向きな姿勢は緩慢な消費への懸念を再燃させそうだ。小売企業は大統領選による国の分断が消費の妨げになったと
    指摘しており、売り上げのてこ入れに取り組んできた。だが、テクノロジーに支えられた一層の倹約姿勢という長期的な変化にも直面している。
      シェイ会長は電話会議で、「リセッション(景気後退)以降、コスト意識の強い消費者が増えている。
    消費者はここ6、7年、買い物に際してかなり慎重な姿勢を取っている。同時にスマートフォンの存在やテクノロジーが可能にした
    価格設定によって極めて透明性のある方法で情報アクセスが可能になっている」と指摘した。
      NRFによると、ブラックフライデーの週末に続くオンライン商戦「サイバーマンデー」での買い物客は1億2200万人強と、
    昨年の1億2100万人から増加する見通し。


    【【国際】アメリカのブラックフライデー、消費者の支出が前年より減少 大統領選による国の分断で節約志向が強まる】の続きを読む



    1 ティータイム ★ :2017/11/23(木) 08:33:27.08 ID:CAP_USER9.net

    FNNニュース 11/23 04:45

    アメリカ最大のセール「ブラックフライデー」の「日本版」が、一足早く始まった。

    ブラックフライデーは、アメリカで感謝祭翌日の金曜日に行われる、最も消費が盛り上がるとされる年末商戦で、日本では、商戦をさらに盛り上げようと、勤労感謝の日のタイミングでセールが始まった。
    「楽しい、これだけ盛り上がっていると」、「休みだから、きょうも夜遅く出てこられた」などといった声が聞かれた。

    流通大手「イオン」の東京・品川区の店舗では、午前0時にセールが始まり、スーツが半額となるなど、およそ500品目が特別価格で販売された。

    また、カジュアル衣料大手の「GAP」もセールを開始し、東京・原宿の店舗では22日夜、先着100人に、セーターが1枚100円で販売された。
    「100円セーター買えなかった。もう100人超えてて」との声が聞かれた。

    日本トイザらスやイトーヨーカドーなどもセールを行うことから、各社の商戦が激化するとみられる。

    https://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00377251.html


    【【経済】今年は祝日の影響で本家アメリカよりも一足早く「ブラックフライデー」、イオンやGAPなどで開始】の続きを読む

    このページのトップヘ