モリモリ芸能最速報

旬な芸能ゴシップニュースを中心に他、グルメ、おでかけ情報、悩み系情報などをどこよりも早くお届けします。


    まとめ

    1 サスケ ★ :2018/01/11(木) 12:02:54.75 ID:CAP_USER9.net

    タレントの不倫が度々話題になるなか、女性ばかりが非難され、男性は大目に見られていると感じている人も少なくないようだ。
    1月7日に始まったNHK大河ドラマ「西郷どん」でも、斎藤由貴さんが不倫騒動で降板となった一方、渡辺謙さんは島津斉彬という重要な役を予定通り演じた。

    そのため、
    「男性芸能人は不倫しても何事もなかったかのようにすぐに表舞台に戻って来れるのに、女性芸能人は未だにバッシングを浴びるのか。
    渡辺謙は『西郷どん』に出られるのに、何故斉藤由貴は降板させられたのか」
    とモヤモヤした人もいたようだ。

    ■「禊と称したタイキックを受けるのはベッキーだけ。相手の男はだいたい無傷」

    斉藤由貴さんは、「西郷どん」で篤姫の女中頭・幾島を演じる予定だった。
    しかし2017年8月に医師との不倫が報じられ、9月には同作の降板が決まった。
    NHKの発表によると、所属事務所から「出演を辞退したいという申し出」があったという。

    一方、渡辺さんは同年3月に週刊誌によって不倫を報じられ、7月には謝罪会見で不倫を認めている。
    しかし、予定通り大河ドラマに出演。

    そのため視聴者の中には「奥さん闘病中に不倫してた渡辺謙は大河ドラマ出ててお医者さんと不倫した斉藤由貴は辞退して…」と感じた人もいたようだ。
    斉藤さんが出演を辞退したのに、渡辺さんの不倫は問われないのかと感じるのも無理はない。

    2017年の年末に放送された「ダウンタウンのガキの使いやあらへんでSP」(日本テレビ系)でも、同じような疑問を感じた人がいたようだ。
    この番組では、ベッキーさんが、不倫の「禊(みそぎ)」としてタイ式キックボクサーに蹴られるという場面があった。

    この場面についてはそもそも「暴力をネタに笑いにするのは異常」(弁護士の猪野亨さん)といった非難が上がっていたが、やはり女性であるベッキーさんだけが「禊(みそぎ)」を強要されていることに対して、
    「禊と称したタイキックを受けるのはベッキーだけ。お泊まり報道で丸坊主にするのは峯岸みなみだけ。相手の男はだいたい無傷」
    「渡辺謙も不倫してたけど『西郷どん』出てんじゃん。ベッキーが蹴りを入れられる理由が無い。浜田雅功も不倫してたし」
    といった声が上がっていた。

    不倫や熱愛が報じられたときに、なぜ女性だけが制裁を受けるのかということだろう。
    実際、渡辺さんやベッキーの不倫相手だった川谷さんはこうした仕打ちを受けていない。

    ■英ガーディアン紙も日本の風潮を「セクシズム」として報道

    また斉藤さんの降板とベッキーさんの禊を並べて、
    「斉藤由貴が出られなくなり、ベッキーが蹴りあげられて笑われる世界で、大河ドラマに渡辺謙が出演、各種バラエティに宮迫その他フツーに出演って時点でただの男尊女卑じゃん」
    と指摘する人も。

    男性の不倫が多めに見られ、女性だけが執拗に叩かれるのは、男性に都合の良いダブルスタンダードであるということだろう。
    日本で不倫へのバッシングに男女差があることは、英ガーディアン紙でも報じられた。
    同紙は2016年、ベッキーさんだけがメディアからの執拗なバッシングに晒されていることや、AKB48の峯岸みなみさんが謝罪のために丸坊主にしたことを取り上げ、「セクシズム」「エンターテイメント産業にいる女性への不公平なスタンダード」として報じていた。

    https://news.careerconnection.jp/?p=48547


    【【芸能】渡辺謙は大河ドラマ出演、斉藤由貴は降板、ベッキーはタイキック 英紙「男性は不倫してもすぐ表舞台に戻れる。差別だ!」】の続きを読む


    まとめ

    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/01/11(木) 15:49:57.18 ID:CAP_USER9.net

    フジ・秋元アナに「週刊文春」W不倫疑惑直撃…横浜の竹林密会に「それは私はいないです」
    2018年1月11日8時25分 スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180111-OHT1T50077.html

    秋元優里アナ

    (出典 www.hochi.co.jp)


    11日放送のTBS系「ビビット」(月~金曜・前8時)で週刊文春が報じたフジテレビの秋元優里アナウンサー(34)のW不倫疑惑を報じた。

    秋元アナは2012年8月に同局の生田竜聖アナ(29)と結婚し13年7月に長女を出産も、現在離婚協議中とされている。週刊文春は秋元アナと同局の妻子ある40代半ばのプロデューサーA氏と箱根の旅館での宿泊、ワンボックスカーに乗った2人が横浜市内の竹林で路上駐車するなどのW不倫疑惑を報じた。番組では、週刊文春デジタルが秋元アナとA氏を直撃した映像を放送。秋元アナはA氏について「普通の仕事仲間というか。何度かお食事に行ってますけど」とし交際について「というわけではないです」と疑惑を否定した。

    横浜市内の竹林での密会は「それは私はいないです」と否定。その上で「えっ分かりました。申し訳ないです。ちょっと私、勝手にしゃっべていますけど、会社に止められていますので、お話できないので申し訳ないです」とし、離婚協議についての質問には「寒い中待って頂いたと思うんですけど、申し訳ないです」と沈黙した。

    一方のA氏は「やましいことがまったくないのでお答えしませんと言うよりも会社の方に言っていただいたらいいと思うんですけど」とコメントし、箱根旅行について」「一緒の部屋で過ごしたとかまったくありません」と否定していた。

    ★1が立った時間 2018/01/11(木) 09:22:38.68

    前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1515630158/


    【【芸能】フジ・秋元アナに「週刊文春」W不倫疑惑直撃…横浜の竹林密会に「それは私はいないです」[18/01/11]★2】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)


    まとめ

    1 Bergenia ★ :2018/01/11(木) 19:02:59.85 ID:CAP_USER9.net

     おぎやはぎの小木博明と矢作兼がMCを務めるトークバラエティ『おぎやはぎの「*」テレビ』が放送され、“*枠”ゲストから寄せられた恋愛相談を、小木がバッサリたたき斬った。

     トークテーマ「*だけど抱いてくれたらいいのに……」では、“*枠”のゲストたちから、「ベッドでマッサージをしてムードを作ったが、先に寝られてしまった」「一緒に旅行に行って、土下座までしたのに断られた」「裸で誘惑してもダメだった」といった嘆き節が続々登場。オアシズ・大久保佳代子も「2人で飲んだ後、自宅にその男の子が来て、1枚の布団で寝たのに手を出してこなかったことがある」とトホホ経験を明かした。

     「どうしたら抱いてくれるのか」と首をひねるゲストたちに対し、小木は「*だからでしょ」「*だったらスルーするよ」「(人によって)この子はヤらないと決めている」「なんにも思わないから、寝たかったら寝るだけ」と血も涙もない回答。矢作とともに、「まさか女性がヤりたがっていると思わない」「女性から誘惑されるという発想がない」とコメントした。

     小木は「こっちが(その気になって)行くまで待っててほしい」「俺がしたい時にする」と“アドバイス”。“*枠”ゲストたちは大反発しながら、「じゃあ*はクスリ飲ませることしかできない」と最終手段をチラつかせていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180111-00010026-abema-ent


    【【芸能】一緒に寝ても手を出してこないのはなぜ? おぎやはぎ小木「ブスだから」】の続きを読む


    2月公開のサスペンス映画をチェック。オススメの作品を紹介


    まとめ

    【2月公開のサスペンス映画をチェック。オススメの作品を紹介】の続きを読む


    そんなことある!?おもしろすぎる『コンビニ』での出来事


    まとめ

    【そんなことある!?おもしろすぎる『コンビニ』での出来事】の続きを読む

    このページのトップヘ